Home > News

News

関西・九州エリアへの配送に関する重要なお知らせ

いつも台車屋五常をご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日発生いたしました近畿地方を震源とする震度6弱の地震の影響に伴い、
通行止め・渋滞等が発生し交通網に大幅な乱れが出ております。

つきましては、関西・九州エリアへの配送が、
当初の予定よりも延着となる可能性がございます。

また、被害状況によっては、一部地域への配送が困難な場合もございます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。

尚、この度の地震により被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

台車屋五常スタッフ一同

6月15日(金)臨時休業について

いつも台車屋五常をご利用いただき、誠にありがとうございます。

6月15日金曜日

以上の日程に関しましては臨時休業となりますのでお電話でのお問い合わせ、ならびに立ち合いによるお客様への応対はできかねますのでご了承ください。
(事前にご連絡いただけましたら、セルフでの貸出・返却は可能です。)

休業日にいただきました仮予約のご依頼並びにお問合せ等につきましてはは6月18日(月)より順次確認、ご対応をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解ご協力をお願いいたします。

【重要】ゴールデンウィーク中の休業日ならびに配送についてのお知らせ

いつも台車レンタル特急便をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ゴールデンウィーク中のお問い合わせ、配送についてのお知らせです。

日程 弊社営業
4/28(土) 休業
4/29(日) 休業(祝日)
4/30(月) 休業(祝日)
5/1 (火) 通常営業(
5/2 (水) 通常営業(
5/3 (木) 休業(祝日)
5/4 (金) 休業(祝日)
5/5 (土) 休業(祝日)
5/6 (日) 休業
5/7 (月) 通常営業

上記休業日(4/28(土)~4/30(月)、5/3(木)~5/6(日))に関しましては、
お電話でのお問い合わせならびに配送をお休みさせていただきます。

*5/1(火)・5/2(水)は通常営業となりますが、配送に関しましては5/8(火)以降、順次対応となります。

休業期間中にいただきましたお問い合わせ、ご注文は営業日に順次確認、対応をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解ご協力をお願いいたします。

 

4/25(水) 棚卸し及びお問い合わせ対応に関するお知らせ

いつも台車屋五常をご利用頂きましてありがとうございます。

弊社、棚卸しのお知らせです。

平成30年4月25日(水) 棚卸しの為、出荷が出来かねます。

ご注文・お問い合わせ頂いたお客様には、4月26日(木)より順次、出荷準備を致します。

皆様には大変ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願い致します。

 

また、それに伴い、お電話やメールでのご対応も遅れてしまう可能性がございます。

ご不便お掛けしますが、ご理解ご了承のほどよろしくお願い致します。

2/23(金) 臨時休業のお知らせ

いつも台車レンタル特急便をご利用いただき、誠にありがとうございます。

・2月23日 金曜日

上記日程に関しまして、社員研修の為弊社は臨時休業となります。

お電話でのお問い合わせ、ならびに立ち合いによるお客様への応対はできかねますのでご了承ください。
(事前にご連絡いただけましたら、セルフでの貸出・返却は可能です。)

休業日にいただきました仮予約のご依頼並びにお問合せ等につきましては
2月26月曜日より順次確認、対応をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

レンタル料金改定のお知らせ

いつも台車レンタル特急便をご利用いただきましてありがとうございます。

おかげさまで多くのお客様に弊社のレンタルサービスをご利用いただいており、感謝申し上げます。
更なるお客様のご要望にお応えするべく、この度、レンタルサービス料金の一部を2018年2月より改定いたしました。

これからもお客様にご満足いただけるようなサービスを提供できるようスタッフ一同努めてまいります。

今後ともご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

→見積シミュレータはこちら

企業が変わることと、変えないこと

台車レンタル特急便(カゴ台車・かご台車・パイプカーゴ・平台車・板台車・6輪台車)のレンタルサービスをご利用いただき、ありがとうございます。


企業が変わることと、変えないことについて考えてみます。
いつも良くしていただいている、宍倉株式会社の宍倉社長がいらっしゃいます。
現在、千葉県内でスーパーを運営されていて、実はこの企業創業220年を超える歴史があります。
最初は、ぞうりの製造販売スタートですが、直近ではホームセンター、配送業務、倉庫業と、多岐に渡って様々な事業を運営しております。

製造業・小売業・運送業・倉庫業・・・そして小売業と、時代に合わせて変わり続けています。
この企業が変わっているのは業態です。取り扱う製品だったり、それを提供する流通業だったり。
ただし変わらないのは、顧客に対する姿勢、求められるものを提供する。「誠実で正しい商い」の理念の元に。

以前伝統は革新の連続と聞いたことがあります。五常も変わるものと、変わらないものを意識し、常にお客様のご要望や悩み事を聞く姿勢を大切にします。その答えにしか五常が生きる道は無いと考えるためです。

台車だったり、工事だったり提供するサービスは違えど、この「悩み解消」という理念にもとづいて運営します。


今日も素敵な一日を。

米輸出19年までに10倍の規模へ

台車レンタル特急便(カゴ台車・かご台車・パイプカーゴ・平台車・板台車・6輪台車)のレンタルサービスをご利用いただき、ありがとうございます。


「米輸出19年までに10倍の規模へ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00010001-agrinews-pol

これいいですね。実は台車レンタル特急便で使われている、カゴ台車や、6輪台車はお米の運搬にも使われているんです。そんなことより・・・・

日本の品質が、世界に受入れられることは、日本で暮らしているとなかなか感じづらいと思いますが、アジア近隣諸国ではとにかく日本食ブームが巻き起こっています。カンボジアのプノンペンの主要エリアにもどれだけの日本食があるか数えられません。

このように、減反政策など労働者の意欲を削ぐ政策しか考えられなかった古い業界の中で、このような明るい話題は嬉しくなりますね。この目標は農業従事者の方にとって一番の喜びになると思います。経営者は売上が上がり利益をもとめますが、従業員にとっては自分たちの仕事が誰かの役に立つことが喜びなんですね。


お米の持つ本質は、お腹を満たすだけではなく、料理人の自由な発想を表現するツールになったり、そのお店に来る外国人客の新しい食事のスタイルを確立出来ることであろう。まだまだこのような本質に気づくために、実際外国でどのように日本の米が扱われているかそこを調べることが、さらなる発展に繋がると考えます。


事業も同じ、我々のレンタルや台車の販売で、お客様のどんな悩みを解消出来るのか。そこを気づかないで商売しているのは、本当の商売では無いことを、五常の社員は知っています。だから、お客様になぜ何故と聞くかもしれませんが、今後も五常をよろしくお願いいたします。


今日も素敵な一日を。そして、素敵な週末を。

いくらなら台車を買ってくれますか?

台車レンタル特急便(カゴ台車・かご台車・パイプカーゴ・平台車・板台車・6輪台車)のレンタルサービスをご利用いただき、ありがとうございます。

弊社レンタルサービスの姉妹サイト、台車屋五常 http://daishaya-gojoh.com/ で、メーカーとして販売始めて3年がたとうとしています。

同じカゴ台車でも価格はマチマチです。

外寸:W1100×D800×H1700 の標準カゴ台車
 最安値を探すと・・・・

◆ヤマト・インダストリー コンビテナー  20,453円 送料無料  @台車館 http://daisha-kan.e-fromtanix.jp/
◆本宏製作所 イージーコンテナー 20,643円 送料無料  @台車館
◆マキテック ロールボックスパレット 22,380円 送料別途  @台車館
◆トラスコ中山 ハイテナー 32,195円 送料無料  @台車館
◆上杉輸送機 ワークテナー 16,800円 送料別途  @フジテックス  
◆フジテックス スーパーFXカーゴ 15,800円 送料別途 @フジテックス

◆五常 俺のカゴ台車 13,500円 送料別途 @台車屋五常 http://daishaya-gojoh.com/


カゴ台車の要は、キャスター。
どのメーカーも全て日本産キャスター。
日本で製造しているのは、上杉輸送機くらいか(調査不足です)

同じカゴ台車でも販売価格はこれだけの差が出ています。
製品の強度も各社さほど変わらないでしょう。

では、いくらならカゴ台車を買っていただけますか?
お客様の困りごとにすぐに対応できるよう、五常は取組みます。
お客様の困り事が少しでもコストをおさえて、解消出来るならそれが一番です!


それでは今日も素敵な一日を。

 

 

海外の労働力

台車レンタル特急便(カゴ台車・かご台車・パイプカーゴ・平台車・板台車・6輪台車)のレンタルサービスをご利用いただき、ありがとうございます。

先日、イギリスのマクドナルドで、従業員が賃金交渉のストを起こしたとニュースを見ました。時給を円で1300円に増やせという交渉です。物価が高いイギリスですが、日本人の労働者はそこから何を学ばなくてはならないのか?

最近我々の業界、物流機器レンタルの業界でも、外国人労働者が活躍しているなと感じます。主に、ベトナム人や中国人などアジア諸国の人が多いですね。彼らは自国の給与水準を最大10倍ほどの差で働いています。つまり年収200万円なら、2000万円と同等の稼ぎとなるでしょう。

ただ、レンタル製品(カゴ台車・6輪台車・メッシュパレット・ネステナー・樹脂パレット)のメンテナンスとか、重労働と言ったものだけでなく、営業のポジションとかオフィス系の仕事で活躍される方も多いのです。

日本人は、そこそこの給与でワークライフバランスがあって安定した仕事が理想~とのほほんと構えていることが多くないでしょうか?日本で働く海外の労働者は、1年で10年分の年収が約束される日本の労働環境でギラギラして貪欲に頑張っています。
これでは、仕事に対する意欲は負けてしまいますよ。それどころか、自分たちの仕事が奪われてしまいますね。

今日もギラギラ、素敵な一日を。

1 2 3 4 5 6 8